So-net無料ブログ作成
検索選択

ワルキューレ・・Deutsche Oper Berlin・・2017/4/14 [オペラ]

DSCF8528ブログ.jpg
Conductor Donald Runnicles
Production Götz Friedrich

Siegmund Stuart Skelton
Hunding Tobias Kehrer
Wotan Iain Paterson
Sieglinde Eva-Maria Westbroek
Fricka Daniela Sindram
Brünnhilde Evelyn Herlitzius
Helmwige Martina Welschenbach
Gerhilde Seyoung Park
Ortlinde Sunyoung Seo
Waltraute Michaela Selinger
Siegrune Annika Schlicht
Rossweiße Christina Sidak
Grimgerde Ronnita Miller
Schwertleite Rebecca Raffell

 トンネルはやはりスケール感があって良いのですが、この日古臭い違和感があったのはワルキューレ達の衣装がTV番組『不良少女と呼ばれて』を彷彿させるものだったこと。番組が放映されていたのがこのトンネルリングの初演と同じ1984年なので、当時の世相を反映しているかもしれません。こんなに大勢不良娘がいたらヴォータンの苦労はいかばかりかと思ってしまいました<(_ _)>

 歌手で最も声が出ていたのはウェストブルック。カーテンコールでも賞賛は大きかったのですが、個人的には決して良い意味で目立っていたとは思えず、絶叫ぎみで浮いているといった感があり、この辺は指揮者からアドバイスがなかったのかと疑問が残ります。これにつき合わざるをえず大変そうにみえたのがスケルトン。もともとオリジナルのキャスティングではなかったのが2週間前くらいにキャストチェンジで歌うことになったのですが、同じボリュームで歌い続けた結果、1幕終盤は息も絶え絶えながらなんとか歌ったというところ。ところが2幕になってから持ちこたえ、ヨレヨレ感は劇的信憑性といった面で良い印象になってました。
 良かったのはヘルリツィウスとパターソン。ヘルリツィウスは元々意思の強さが声に感じられる人ですが、ブリュンヒルデ役では少女らしい愛らしさも印象に残り、絶叫ではないコントロールされた表現の上手さがありました。パターソンは劇場のサイズの違いもあってか、シラーでさすらい人で聴いたときほど声の深みは感じられなかったのですが、それでも包容力のある声で、微妙な心の機微が現れていて巧みでした。

 この日もオケは控えめでワルキューレの騎行も薄っぺらい印象。ここは音響に問題があると以前感じましたが、連日聴くと問題はそれだけではなく、オケのレベルもいかがなものかと思わざるをえませんでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0