So-net無料ブログ作成
検索選択

シロエ・・・Opéra de Lausanne・・2016/11/11 [オペラ]

ブログDSCF8379.jpg
Siroe Max Emanuel Cencic
Laodice Julia Lezhneva
Emira Roxana Constantinescu
Medarse Mary-Ellen Nesi
Cosroe Juan Sancho
Arasse Dilyara Idrisova

Armonia Atenea
Direction musicale et clavecin George Petrou
Mise en espace Max Emanuel Cencic
ブログDSCF8377.jpg
ブログDSCF8378.jpg

 11月の旅行の最大の目的はこの公演。ユリアちゃんとディリヤラちゃん!

 以前アン・デア・ウィーンでコンサート形式で聴いて以来、同じメンバーで演出つきの公演があったら聞き逃してなるものかと意を固めてました。アラッセ役がディリヤラちゃんに変わりましたが、ディリヤラちゃんもハレの『アレッサンドロ』で聴いて以来、また聴く機会があればと思っていたので願ったりかなったり。

 ユリアちゃんもディリヤラちゃんも1989年生まれなのでまだ20代。
2人共小柄なので、衣装を身に着けた姿は中学生の学芸会かと思ってしまうような可愛らしさですが、2人共歌うと凄い!

 特にユリアちゃんはその声の豊潤さ、歌唱技術の見事さは既に旬に入ったと言ってもよく、その可能性はバルトリ以上という話も耳にしましたが、それも過言ではないと思えるほど。シロエを窮地に追いやる諸悪の根源であるラオディーチェ役ですが、可愛い外見にもかかわらず、豊潤な声はふてぶてしい熟女を彷彿とさせることもありました。

 ディリヤラちゃんは声は可憐な印象。今回は忠実な家臣とうことでヒゲをつけての男性の役とあって可愛すぎる声とのギャップが不思議な面白さになってましたが、心優しい忠臣という印象で今回も見事なアジリタ三昧。それほど歌う機会の多くない役だったのが残念に思えたくらいでした。

 また、古楽を聴くようになってから、おそらく一番聴く機会が多いのがテノールのサンチョ。剛柔ともに熟すといった感があって、どの役でも安定して好演しているので、ワーグナーにおけるユンのように何故かいつもいるという貴重な存在かもしれません。

 演出はタイトルロールのツェンチッチによるものですが、オケが舞台奥で演奏し、紗幕をはさみ、その前で衣装を身に着けた出演者が演技をしながら歌うというスタイル。
背景に映像が映し出され、セットは椅子とテーブルと敷物という簡素なものですが、衣装を含めて雰囲気のよいものでした。

 演奏のほうは大雑把ではありましたが、歌手の好演で十分。

 コンサート形式では見事なアジリタ三昧歌合戦という印象でしたが、演出があることによって歌手の人たちもより感情をこめて歌い、物語の信憑性が高い見応えもある公演になってました。

 この公演は2017年5月にヴィースバーデンで再演の予定です。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

お散歩犬

先日Ann Hallenbergの追っかけでベルギーでのアグリッピーナを見た折、ディリアナちゃんの歌いっぷりがとても印象的でした。
今回のネコさんの一連のアップで、寝た子を起こされ?前回パスしたSIROEをヴィースバーデンまで見に行くことにしました。

VersailleでのSIROEではユリアちゃんにしか目がいかず、庭でままごとをしているような童が悪女役でどうにも違和感がありましたが、最後の長いアリアは圧巻でした。今回少し役が板についてきたか、またディリアナとの歌比べという楽しみも増えました。

それにつけてもユリアちゃんのサイトのスケジュールアップ、もう少しまめにしてくれないと、CENCICIなどのサイトから追っていくのも何だか…
by お散歩犬 (2017-04-11 19:07) 

kametaro07

お散歩犬さま
 お返事遅くなって申し訳ございません。
 Ann Hallenberg、良いですよねー。私もベルギーでのアグリッピーナに行きたかったのですが、日程的に難しくて断念しました。
 ディリアナちゃんのシロエでの役は適役とは思えないのですが、ユリアちゃんと一緒に聴ける機会は多くないのでヴィースバーデンの公演は楽しみになさってください。
>ユリアちゃんのサイトのスケジュールアップ、もう少しまめにしてくれないと
同感です。
by kametaro07 (2017-04-20 17:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0