So-net無料ブログ作成

フィデリオ・・・Theater an der Wien・・・2016/6/20 [オペラ]

ブログDSCF8169.jpg
ブログDSCF8156.jpg

Musikalische Leitung Marc Minkowski
Inszenierung und Bühne Achim Freyer

Leonore Christiane Libor
Florestan Michael König
Don Pizarro Jewgeni Nikitin
Rocco Franz Hawlata
Marzelline Ileana Tonca
Jaquino Julien Behr
Don Fernando Georg Nigl
1. Gefangener David Sitka
2. Gefangener Marcell Krokovay

Orchester Les Musiciens du Louvre
Chor Arnold Schoenberg Chor

 ウィーン芸術週間の公演です。

 オリジナルはチェルニャコフの演出だったのが、アキム・フライヤーに変更。その演出は人形劇風というより、人形劇。歌手が人形なのですが、これだったら本物の人形劇にして、歌手は脇でコンサート形式にしたほうが良いのではないかとも思われるもの。人形を作るより、歌手が人形になったほうが経費は節約できそうではあります。

 登場人物は全員仮面をつけたうえに着ぐるみのような衣装。
ロッコはマシュマロマンの体にジェイソンの仮面
フィデリオは白黒パンダ魔法使い
マルツェリンは露出狂娘
ヤキーノは競馬の騎手
ドン・ピサロがキャプテン・アメリカみたいな衣装の上に白いジャケット、仮面は子供が書いたウルトマンレオ
 まるでドン・ピサロがヒーローのような外見ではあったのですが、緑のムチを振り回し、出番でないときも出たり入ったり、俺様が悪だアピールに余念なしでした。

 セットはビルの建設工事現場の枠組足場のような3層構造で、登場人物それぞれ立ち位置が固定。下層に両手を左右に鎖で繋がれたフロレスタン、中層左からヤキーノ、ロッコ、マルツェリン、フィデリオ、上層左端にドン・ピサロ、中央にフェルランド。それぞれ回転式の壁や扉で背後に隠れたり表に現れたり・・・動く場所は決められていても常に舞台上にいなくてはいけないので歌手にとっては決して楽な舞台とはいえない上に、下層と上層は他のメンバーの様子もよく見えない孤独な状態で歌わなくてはいけないので結構やりにくい舞台ではないかと思えました。

 この演出で伝えたいことは何なのか?などと考える気もおこらなかったのですが・・・印象に残ったのは、とても生身の人間では表現できないほど残酷に見えたこと。フロレスタンが両手を繋がれている状態は両手が伸びきって完全に両肩脱臼状態。いかに人間が残酷になれるかということを伝えているようにしか見えませんでした。

 演出が意味不明でも音楽さえ・・・・というところですが、人形劇という演出が影響したか否か?本当にMDLが演奏してたの?という感じ。特に金管はどうしちゃったかな~~~~?どこのオケでも締まらないときもあるものだと改めて思うこととなりました。演出に合わせて一部セリフのカットあり、後半のレオノーレ演奏もなし。ミンコフスキは部分的に快速特急になることがありますが、今回は最後の重唱が快速運転。最終日でトットと終わらせちまおう的に聞こえてしまった感もなきにしもあらずですが、もちろんそんなことはないでしょう。

 歌手はそれぞれ好演。
 席が3階サイドの席だったので、上層で歌うドン・ピサロ役のニキーチンの生の声が真横からすごい迫力で耳に入ってきていたのですが、声は上に飛んでいくので、どうしても上で歌う人は下で歌う人より割りをくってしまいがち。平土間で聴いた人に尋ねるとやはりその通りだったとのこと。
 マシュマロジェイソン役、もとい、ロッコ役の人が暖かさのあるおおらかな感じで適役に思えたのですが、キャスト表を確認したらハヴラータ。オックス役で2回ほど聴いたことはありますが、全く異なる印象で、今回はこの人に意外性を発見。
 ケーニッヒは前回ローエングリンで聴いたときに演技がどうか?スタミナは?ということを機会があれば確認したいと思っていたのですが・・・・両手を縛られた着ぐるみの中でもがいている役だったので、確認しようがない演出でした。声は相変わらずピンと張りのある強さと、弱さとも取れるフワっとした優しさと両方を兼ね備えてましたが、スタミナ不足の懸念も全くない役なので、適役に思えました。

 終了後、即ブーが聞こえましたが、この演出では仕方なしかな?
 カーテンコールは賞賛のほうが多かったですが、『フィデリオ』を聴いたという実感が薄い公演ではありました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0