So-net無料ブログ作成
検索選択

パルジファル・・・新国立劇場・・・2014/10/11 [オペラ]

【指 揮】飯守 泰次郎
【演 出】ハリー・クプファー

【アムフォルタス】エギルス・シリンス
【ティトゥレル】長谷川 顯
【グルネマンツ】ジョン・トムリンソン
【パルジファル】クリスティアン・フランツ
【クリングゾル】ロバート・ボーク
【クンドリー】エヴェリン・ヘルリツィウス

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は聖地が同じということで永きにわたり紛争が絶えません。
それは1000年以上やっているのですから、その争いから無縁である仏教の悟りの中に和解の糸口を見出せないものか、という考えが浮かぶのは不自然ではないように思えます。
クプファーが最後の場面、
パルジファルが法衣を三つに分けて自分が一つ持ち、クンドリとグルネマンツに一つずつ渡して三人で仏僧のあとについていく
という演出にしたのにはそういった意味があるのではないか?と思えたのでした。
もちろんそれは誰がどの宗教を表すかということではなく、三つに分けたところからふとそんな考えがよぎったのでした。

ワーグナーは晩年、仏教に関心を持っていたそうですが、ジュネーヴでパルジファルを観たときにそれを知っていれば、なぜ???ということにとらわれて公演から意識をそらさずにすんだのに・・・とも思ってしまいました。
ジュネーヴのパルジファルの感想は→こちら
同じ演出をやっているライプツィッヒ歌劇場のサイトの写真の中に仏像のように見えるたくさんの像がある写真がありますので参考までに→こちら

クプファーの演出はこの新国のためだけに制作されたもので、劇場の構造を充分に生かした立体的な美しさがあり、日本が誇る発明LEDを使用するという素晴らしいものでした。
ただLEDの上を歩くときの音が少々気になるので、今後改良が可能ならば配慮してもらえないかというところではありました。

クプファーが新国のためだけに演出したということも感慨深いものなら、配役もワーグナー作品における大ベテランのトムリンソンから今まさに旬のヘルリツィウスまで、よく新国の仕事を引き受けてくれたと思うほどの豪華さです。
それも永年にわたり、本場で関係を築き上げてきた新国関係者の努力あってのことでしょう。

演奏はゆっくり目で冗長に感じるところもありましたが、出演者はそれも気にならなくなるほどの実力者ぞろいです。
パルジファル役のフランツは素朴な様相がパルジファルのイメージにぴったりですが、「アンフォルタス!」の語尾を苦しそうに歌ったのは説得力があり、目から鱗といった新鮮ささえ感じるものでした。
トムリンソンは見るからに長老で、スカラでハーゲン役で聴いたのは3年前になりますが、声も歌い方さえも一気に年を取ったように思えてしまったのは当然役柄ゆえでしょう。
ヘルリツィウスのクンドリは期待通り、場面ごとの変貌ぶりは見事でした。

来シーズンのオープニングの『ラインの黄金』も楽しみです。
新作といっても借り物の演出なのが不満いう声はあるかもしれませんが、[猫]は観たことのない演出なので問題なし。
勝手な個人的要望ではありますが、ウォーナーのリングも全部は観てないので再演してほしい気もしてます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0