So-net無料ブログ作成
検索選択

さまよえるオランダ人・・Bayreuth, Festspielhaus・・2014/8/8 [オペラ]

Conductor Christian Thielemann
Director Jan Philipp Gloger

Daland Kwangchul Youn
Senta Ricarda Merbeth
Erik Tomislav Mužek
Mary Christa Mayer
Der Steuermann Benjamin Bruns
Der Holländer Samuel Youn

おもしろくもなんともない喜劇でこの日も蚊帳の外。
途中気分が悪くなった人が退出したのですが、同じ列だったら一緒に出ていきたかったくらい2時間半は長いものでした。

ティーレマンの人気の理由は何なのだろうとずっと興味を持って探っていたわけですが、シュトラウスではその理由を垣間見ることはできましたが、ワーグナーでは未だ分からず。
ウィーンで『パルジファル』を聴いて、これがワーグナー2作品目ですが、どうも引き込まれません。
もともとワーグナーの中でもオランダ人はブンチャブンチャとヴェルディもどき感があるのでそれほど好きではない作品ですが、そのヴェルディもどき感が少なかったのは良かったところではあります。
それに音もワルキューレのときに比べたら頭上に飛んできているようでしたし、コーラスもあるので臨場感といったものもワルキューレのときよりはずっとありました。
それにオケは文句なく上手い。
しかし、重箱の隅をつつくようなこだわりが感じられて広がりがないどころか、窮屈で味気ない。
それほど上手くないオケで聴いてもどこかゾクっとするような部分が今まではあったのですが、そういった部分もなく、なんとも思わなかったのです。
無理して理解しなくてはいけない課題ではないので、分からなければ分からないでそれ以上追及しようのない問題です。

演出については、なんだかんだあっても最後は結局全ては金儲けといった内容をどうして『さまよえるオランダ人』で表現するのか?
これは指揮者のポリシーそのものだから?

本拠地ゼンパーの都合などどこ吹く風。
出稼ぎとDVD制作、お金儲けに余念がない指揮者の姿勢そのものだと思えてしまったのも、ゼンパーの支配人が辞めるというゴタゴタの後だっったからかもしれません。

いずれにせよおもしろくもなんともない公演でした。

[猫]によいと思える能力がないともいえることで、発する側も受け取る側も個性があるのですから仕方ないことです。
やはり[猫]ごときが来るところではないとこの日も思ったのでした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。