So-net無料ブログ作成
検索選択

ドロットニングホルム宮廷劇場 2015 [シーズン・プログラム]

来年はミンコフスキ指揮 『フィガロの結婚』 →こちら
キャスト等の詳細は1月発表
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

cachaca

お元気でいらっしゃたんですね!
そろそろ年末の遠征にお出かけでしょうか。楽しんできてください。
by cachaca (2014-12-23 15:27) 

kametaro07

cachacaさま
ご無沙汰しております。
お察しのとおり^^;ただいまベルリンにきてます。
昨日トリイゾでしたが、マイヤーがベルリンでイゾルデを歌うのはこれが最後という公演でした。それを知らずに、マイヤーかザイフェルトのどちらかが歌わなくなったら音楽と歌とが一体となった溺れそうなトリイゾは聴くことができなくなるだろうと思いながら聴いていたので、終演後にその発表があったことで愕然としてしまいました。
ワーグナーにご興味がないとどうでもよいことかもしれませんが・・・<(_ _)>
ブログはほとんど放置で当分感想など書けそうもありませんが、来年春か夏くらいになったら、復活できるかもしれません。
どうぞ良い年をお迎えください。
by kametaro07 (2014-12-30 00:42) 

michelangelo

kametaro07様

何時も海外クラシック音楽&オペラ情報をお伝えして下さり、どうもありがとうございます。未だに経験したことのない未熟者ですが、2017年はバイロイトへ行ってみたいと夢見ています。

本日、遅ればせながら貴ブログ記事のコメント記入欄を拝読致しましたが、もしかするとワルトラウト・マイヤー氏がご出演なさる東京春音楽祭「ワルキューレ」も又、58歳ですから最後になるかもしれないでしょうか。

私自身、マレク・ヤノフスキ氏&SKDの「ニーベルングの指輪」を持っておりながらも、特に東京文化会館へ今年も行かなくて良いかなと思っていましたがマイヤー氏のお話を伺い、考えが変わり始めてきました。

ただ、以前「マイスタージンガー(フォークト氏ご出演)」にて招待客の恐ろしき聴衆マナーに圧倒され、半べそをかいたことがあります・・・センターブロックの十数列目は要注意、と自分自身に言い聞かせています。
by michelangelo (2015-03-12 21:49) 

kametaro07

michelangeloさま

コメントありがとうございます。
マイヤー氏のH/P
http://www.waltraud-meier.com/kalender.html
によると、イゾルデは夏にバイエルンで歌うのが最後となってます。
ジークリンデについては特に何も書いておらず、今後も歌う可能性はあると思うのですが、日本でとなるとどうでしょう?今回が最後となってしまう可能性もなきにしもあらず・・・でしょうか?
いつかは訪れる最後ですが、なんともいえない喪失感です。

>招待客の恐ろしき聴衆マナー
文化会館ではもっぱら上の方で平土間は経験がないのですが、そういうこともあるのですね。

by kametaro07 (2015-03-15 12:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。