So-net無料ブログ作成
検索選択

セビリアの理髪師・・・・・ROH・・・・・2009/7/4 [オペラ]

Il barbiere di Siviglia / Gioachino Rossini
画像 087.jpg
Conductor Antonio Pappano
Director Patrice Caurier
Moshe Leiser
Set Designs Christian Fenouillat
Costume Designs Agostino Cavalca
Lighting Christophe Forey

Figaro Pietro Spagnoli
Rosina Joyce DiDonato
Count Almaviva Juan Diego Flórez
Doctor Bartolo Alessandro Corbelli
Don Basilio Ferruccio Furlanetto
Fiorello Changhan Lim
Berta Jennifer Rhys-Davies
Officer Christopher Lackner
Ambrogio Bryan Secombe
Notary Andrew Macnair

豪華キャスト勢揃いということで大奮発の平土間前から2列目の席です。
右端から数えたほうが早い席ではあったのですが、音響は全く問題なし、良く感じました。

最前列右端2席が舞台に向かう階段が設けられ、販売されてません。
開演前にROHの人が最前列の人達に何か説明してます[ひらめき]・・・・・これは誰か出演者が通るかも??

公演が始まると・・・お目当てのフローレスは最初から好調。
画像 090.jpg
そしてキーンリーサイドに代わってフィガロを歌うことになったスパニョーリ・・・・・期待通り・・・・・平土間席後方から登場です!!!目の前を歌いながら舞台へ向かっていきました。クラーク・ゲーブル似の・・・例え古すぎ ・・・イケメンです。
登場の一曲だけで観客のハートをキャッチです・・・・ブラボー!!!
背が高くスマート、舞台栄えする人で歌唱も言うことなしでした。


さて速報でもお伝えしたディドナート、画像 097.jpg1幕2場、ソロで素晴らしい歌唱技術を披露してブラバーを受けた後、部屋の左上に小窓が開き、フィガロが訪れました。その下にロジーナが行ったときにアクシデントは起こりました。
演技???と思える程かわいらしく転んだのですが、その後退室するときに痛そうな様子だったので心配でした。
しかしその後もピンクのリボン付きハイヒールのまま、「まるでもの凄い鍛冶屋の中に」では部屋ごとゆらゆら揺れる演出で立っているのも辛かったと思うのですが・・・・他の出演者が支えていたようにも思えます・・・・・全く歌唱に影響なく続けたので大丈夫だと思ってました。
2幕開始前にROHの人が出てきた時は皆ため息・・・痛いのですが続けます・・・といった時は大拍手。
そして現れたときは杖を使用。ちょうどセリフがE`un grachio al piede 足が引きつって・・・・だったからおおいに受けてました。
リンドーロに裏切られたと思ってヤケになる場面ではピアノを壊したり、タンスを倒したり、杖を持っての演技は大変だったと思いますが、杖を振り回し、杖なしの演技よりも迫力ある暴れ方になっていたのは凄い!!!
全く歌唱の見事さは変わらず、結果的に怪我をしたことまでプラスに変えた感のある演技には脱帽です。

画像 095.jpg
バジリオ役のフルラネットですが、「ドン・カルロ」のフィリッポ役では圧倒的な存在感で重低音を響かせていました。「ドン・カルロ」は上から見ていたので分かりませんでしたが、すごく大柄です。
今回も重低音を響かせ、その恐おもしろさ ・・・最高です。
椅子の上に仁王立ちするのですが・・・・その姿は・・・まさに・・・フランケンシュタイン!! ・・・エッ?関係ない?・・・・バジリオ・フランケンシュタインヴァージョンなのです!!!

画像 569.jpg
このバジリオ・フランケンシュタインヴァージョンのおもしろさはバルトロ役のコルベリがいてこそ・・・というところがあります。大柄なフルラネットと小柄なコルベリであったから生まれたバジリオ・フランケンシュタインヴァージョンなのではないかと思うのです。
METライブビューイングで見て実際に見てみたいと思っていたコルベリ、今日も職人芸をみせてくれました。
フルラネットには押しつぶされそうになっていたり、フローレスの最後のアリアではその拍手の長さに懐中時計を取り出して時間を計る仕草をしたり・・・笑いのツボはしっかり・・・歌唱もさすがです。

画像 093.jpg
肝心のフローレス、この上ないほど極上のアリア「もう逆らうのをやめろ」でした。
当然歌った後は大ブラボーと拍手なのですが、おそらく観客はアンコールを期待したのでは?そうはいきませんでしたが・・・・。
時間を計っているコルベリがあまりの長さに何回も他の出演者と顔を見合わせ、肩をすくめていました。
何日が一番長かったでしょうか?本当に時間を計っていて発表してくれたらおもしろいかも?

出演者全員が格の違いをみせつけたこの公演、パッパーノ指揮の演奏も良かったし・・・演出がシンプルですがそれで充分と感じるほど満足感に満ちたものでした。

この後ディドナートは車椅子での出演だそうですが、これだけのキャストで公演ができる機会は彼女クラスのトップスターでもそうそうないのかもしれません。ぜひこのキャストでやりたいという強い思いもあるのではないでしょうか?それにしてもプロ魂には頭が下がります。

大満足で地下鉄に乗ったら・・・・スッカラコッキリ・・・・忘れたことに気がつきました。
クロークにROHに来る前に買った物を預けてた!!!
次の駅で降りてROHに戻ったのですが、既に閉まっていたため引き取るのに相当時間が掛かってしまいました。
[猫]持病のスッカラコッキリ病が出てしまうくらい素晴らしいオペラでした。
画像 098.jpg
杖が・・・・オットット・・
画像 089.jpg
ブラビー!!!
画像 568.jpg
指揮のパッパーノを迎えます。
画像 567.jpg
画像 094.jpg
後ろにハート型の風船を持っている人がいたのですが、王子がハートを持ってるように写りました。
nice!(0)  コメント(18)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 18

babyfairy

良かったですよね〜。私が観たのは10日でジョイスは車椅子でしたけど、やっぱり素晴らしい公演でした。ただ、アクシデントのお陰で、DVD制作はお流れになってしまったのが残念ですけれど。
by babyfairy (2009-07-17 22:52) 

kametaro07

babyfairyさま
DVD制作お流れは残念ですけど、ジョイスは今回のアクシデントでいろんな意味で格を上げたのではないでしょうか?
王子についてはレパートリー全演目聴く事を目標にしたいと思います。
元気で長生きしなくちゃ^^;
by kametaro07 (2009-07-17 23:10) 

ゆみゆみ

カメタロウさんは、メトビューイングの「セビリア」をご覧になりましたか?
私は、秋バージョンは生で見ました。これは、余り好印象ではありません。カルロさんがその中でも、歌もですが、演技が大変上手いと思いました。ですから、春のメンバーのビユーイングを見たときは、春にも行くべきだったと後悔したほどです。
このメト版はかなり「良いできでは?」と思っていました。ところが、ロイヤルはこれをしのぐ素晴らしさだったそうですね。
フロ様・ディドナートは、生で聞いているので、想像がつきます。
スパにョーリは、どの様なタイプの声ですか?
DVDで彼を見た時は、癖の無い歌い方で、凄く声量がある感じではありませんでした。また、動きがゆったりとして、少し年令を感じさせる「理髪師」だったと思います。今回は、カラフルな衣装でコミカルだったのでしょうか?
フルラネットは、「ファルスタッフ」がお得意な方ですね?
メトではレリエーが歌った「噂の歌」が私のお気に入りでした。若々しくて、声に勢いがあり、あのシーンのバルトロとの掛け合いは大好きです。

映像で拝見する限り、両者とも少しふけた感じがします。歌は、恐らくどんなに素晴らしいかとは思うのですが、どんな演技を2人でしたのでしょうか?
細かいことを伺ってすみません。
昨日お目にかかったオペラファンの方に、メト版より格段に良かったそうだ。と伺ったので、どんな点が違うのか、知りたいと思いました。
by ゆみゆみ (2009-08-01 21:45) 

kametaro07

ゆみゆみさま
MET PLAYERでマッチャンが出演した「セビリア」見ました。
マッチャンのフィガロは豪快な感じでしたが、スパニョーリのフィガロはコミカルながらもスマートでカッコイイ感じです。
何と言ってもイタリア人、自然な早口ブッフォでした。声質はマッチャン程太くなく、キーンリーサイド程軽くなく・・・といったらいいかな?
フルラネットの重低音の魅力は右に出る者ナシ、「中傷とはそよ風です」・・ゆみゆみさんの仰る「噂の歌」ですか?・・・を歌いながら、座っているバルトロ役のコリベリの上に覆いかぶさる姿はド・迫力。そして椅子の上に仁王立ちしたので、思わず、バジリオ・フランケンシュタインヴァージョンと書いてしまったわけです。
フローレスはいつも好調・・といった感じですが、ディドナートはMET PLAYERで聴いた時よりずっと上手な装飾歌唱に感じました。
DVDにならないのが本当に残念です。
by kametaro07 (2009-08-01 22:39) 

ゆみゆみ

ありがとうございました。
良い物をご覧になれてお幸せです。フロ様は、いつも共演者が良いからいいですね。
いただいたコメントで「マッチャン程太くなく」とあり、??。
いつもホロ様を聞く私には、マッチャンは珍しく細い声なんです。
しかし、マッチャンは体が良いから、低く太い声も出ますけれど・・・。

本当にDVDででもいいから見たかったです。
by ゆみゆみ (2009-08-02 18:40) 

kametaro07

ゆみゆみさま
ツッコミ・・・ありがとうございます。
マッチャン太くないですよね。
私も後で変なこと書いたと思ったのですが、翌朝3時起きだったのでそのままにしちゃいました^^;イイカゲンなヤツです。
しかしスパニョーリって仰る通り癖のない歌い方でなんと表現したらいいのか?ド・シロウトにはわかりません。
ただ全く気負いを感じさせず、自然な歌い方ですごく軽妙でありながら、おおらかな感じもするんですよね。
METは実際には見てないので何とも比べられないところはあるのですが、もしMETよりずっとイイと感じる意見があるとすればフルラネットとコルベリの大小コンビのおもしろさが一番の理由なのではと推測します。
ただコルベリについては歌唱が以前より精彩を欠いてきたんじゃないかという意見の人もいるようですが・・・。
演出はMETの方が変化に富んでいて良いと思うのですが、衣装や雰囲気がROHはかわいいんですよね。
by kametaro07 (2009-08-03 18:06) 

ゆみゆみ

私は生のパバロッティを見たことは無いのですが、彼は“情熱的”に歌っているのだと思いそれが、イタリアの歌手なんだと信じていました。

今まで、何処のお国の方が歌っているのかという興味は全く無く過していたものですから、春のメトで“アライモ”を見たときに目から鱗でした。
彼もカメタロウさんの仰る【ただ全く気負いを感じさせず、自然な歌い方ですごく軽妙でありながら、おおらかな感じもするんですよね。】
なかんじでした。
今まで物足りなく感じた“フリットリ”もそういえばこんな感じかも・・。
(但し、春のエルヴィラさんは、抑えた感じが私の理想のエルヴィラでした)

ただ“アライモ”が凄いと感じたのは、その≪目じから≫だったような気がします。2回目、後ろの座席に座り、顔の表情を感じなかった時「?この間とちがう?」と思いました。

誰かさんを追いかけるのも面白いのですが、色々な人のオペラも鑑賞したい。ソロソロ、仕事の引退時期を考えてしまいます^^。
先立つものがいるのですが・・・・。


by ゆみゆみ (2009-08-04 22:09) 

kametaro07

ゆみゆみさま
私もパバロッティを生で聴いたことがありません。
どこの国の人というのは関係ないようでもあり、やっぱり母国語だと余裕があって自然な上手さがにじみでるのかなとも思ったり。
オペラは一期一会、それぞれ指揮者、歌手の良さがいろいろ楽しめるからハマってしまうのかもしれません。
>ソロソロ、仕事の引退時期を考えてしまいます
メチャメチャ考えまくってます。しかし仕事を辞めたら本当にタダのオコモリのオバチャマ、雇ってくれるところ等あるわけないのです。海外も今程行けなくなります。
しかしそれでも辞めたくてタイミング見計らってます。

by kametaro07 (2009-08-04 22:46) 

ゆみゆみ

芸術の感想を文章で表現する事は、とても困難ですが、フト思いました。ロンドンでご覧になった「セビリア」と「マッチャンのセビリア」についてです。
今回のザルツで「コシ」を1幕だけ見ました。
お顔の張りなどから姉妹はかなり若手(?)Persson/Leonard/Lehtipuu/Boesch読み方すら知らないのですが、昨年でしたか、キルヒシュラガー・フリットリの歌った姉妹とは又異なった新鮮な歌を聞きました。私の大好きな恋人を歌う2重唱は、本当に私まで思わず微笑んでしまう。楽しそうに語り合っているんだ~。
ベテランがキッチリ仕上げる舞台と若手が全力投球で作る舞台。
これを私は良し悪しで、比較できないです。
メトの「セビリア」は、カルロさん以外はマッチャンが一番上ではないですか?だから、新しい演出で、若々しくて、でも歌の水準は高くて・・・。
恐らくロンドンは、ベテランが今まで培ったものをいかんなく発揮した舞台?

こんな感じだったのかと想像しました。

異なる人の輪が作り出すオペラのドラマとでも申しましょうか?
これを見るのがオペラの楽しみです。

全く同じメンバーで、違う演出を生で見ることなど夢物語ですが、1度経験してみたいものです。
by ゆみゆみ (2009-08-19 13:59) 

kametaro07

ゆみゆみさま
>ロンドンは、ベテランが今まで培ったものをいかんなく発揮した舞台
仰る通りだと思います。
それに同じものを見ても、感想というのは自分自身のコンディションで違ってしまいますし、オペラハウスによっても違うでしょうし、同じオペラハウスでも席によって違うでしょう。一概に比較するのは難しいです。
このロンドンの「セビリアの理髪師」はアクシデントによって、より印象が良いものになったということもあるかもしれません。
人それぞれですからMETの方が好みという方もいるでしょう。

METのセビリアはMET PLAYERでパソコンでしか見たことがないのですが、ライブビューイングのアンコール上映、機会があればと思っています。
マッチャンのフィガロ、生で見れたら一番なのですが・・・。
by kametaro07 (2009-08-19 19:33) 

ゆみゆみ

マッチャンの「フィガロ」も無いですし、来日も無いそうです。

若さ溢れる公演もベテランの公演も、良い公演に出会えたときは幸せですね。
今日マッチャンの9年前の「ドンジョ」のCDが届きました。声が若い。
恐らく若さ溢れるマッチャンの時代だったのですね。澄んだ綺麗な声でした。今はやはり中年の「ドンジョ」です・・・。これも何処で聞けるのやら。
ザルツでマッチャンが「スペードの女王」に出るとのっていました。本当でしょうかね?
by ゆみゆみ (2009-08-19 21:33) 

kametaro07

ゆみゆみさま
>ザルツでマッチャンが「スペードの女王」に出るとのっていました
ザルツでやるのですか?2010年のフェストシュピーレでしょうか?
基本的にはまだ一度もマッチャンを生で聴いたことがないので、なんでも聴けたらウレシイのですが・・・・、。
これから先のマッチャンのスケジュールが楽しみですね。
by kametaro07 (2009-08-19 22:26) 

ゆみゆみ

カメタロウさんは、いつも綺麗に写真撮影されていますよね。
カーテンコールは、歌手達も動いているのに、とても綺麗です。
いつも私はボケボケだったり、マッチャンの足ばかり映っていたり・・・。

これからは、少し私も勉強して撮影に望みたいと・・・。
デジカメをどのようにセットしどんなタイミングで撮影されているのでしょうか?アドヴァイスをいただければ幸いです。
デジカメ初心者用にお願いできましたら幸いでございます。
お忙しいのに申し訳ありませんが宜しくお願い申し上げます。
by ゆみゆみ (2009-10-16 08:02) 

kametaro07

ゆみゆみさま
私はこのブログを始めるまでカメラも持ってないような写真嫌いだったので、バカチョン・デジカメをブログのために購入しました。
持ち主と一緒のバカチョンなので、劇場内のような暗く、被写体が動くような場合はきれいに写らないのが当たり前だと、知り合いのカメラメーカーの人に言われました。
特に幕が下りた状態で出演者が登場した場合、幕にピントが合ってしまいボケボケの写真しか撮れません。
一眼レフのある程度良いカメラじゃないときれいに撮れないようです。
でもバカチョンぐらい小さくないと持っていく気になれません。
このセビリアは前から2番目の席で、幕も下りてないのでバカチョンでもある程度きれいに撮れました。
autoモードで手ブレ補正で撮影したと思います。
劇場内ではいつもマナーモード(音、フラシュなし)です。
by kametaro07 (2009-10-16 12:48) 

ゆみゆみ

やはり難しいのですね。
本当にこの写真は素敵ですね。
書いていただいた<autoモードで手ブレ補正で撮影したと思います。
劇場内ではいつもマナーモード(音、フラシュなし)です。 >
探して努力してみます。

子供のお古なので、やたらとできることがあって2度と同じ所にいけないのが難点でございます^^。

by ゆみゆみ (2009-10-16 20:42) 

kametaro07

ゆみゆみさま
シャッターチャンスを逃さないように拍手ばかりもしてられない・・・常にカメラ越しに見てないといけないかもしれませんね。
ズームはしすぎるとピンボケになりやすいので、ブログ上の写真は実際にはもう少し大きな写真をブログモードで編集、部分的にズームして載せてます。画質は落ちてしまいますが・・・。

ところで2011年のMET来日公演「ドン・カルロ」でホロさま&パーペ!!!他にカウフマン、フリットリの予定ですよ!
ダムラウのルチアも楽しみ!
http://www.japanarts.co.jp/plan/index.htm
by kametaro07 (2009-10-16 23:39) 

ゆみゆみ

そうなのです。
いつも拍手・うっとり。で、<写真!!>と気が付いて撮ったら
足とか、腰とかばかりでがっかりです。

2011年6月私は仕事は出来ません^^。
ホロ様を全部最前列で見る予定でございます。
なので、会員なのです・夢倶楽部の^^。

ラッキーな事に朝1の仕事がキャンセルとなり
トリノのチケットGET(安い券)できました。
E/F 席を持っておくと、行けなくなる可能性もあるので安心です。
夏が終わったばかりなのに、来年の8月のことまで・・・ネ。

by ゆみゆみ (2009-10-17 21:55) 

kametaro07

ゆみゆみさま
トリノE,F席GET良かったですね!
私は一週間後、頑張ってみますが・・・・スッカラコッキリ忘れるかも?
パーペ来日だったスカラと違って若干冷めてます。
>夏が終わったばかりなのに、来年の8月のことまで・・・ネ。
購入できたとしても、買ったことも忘れそう^^;
by kametaro07 (2009-10-17 23:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0